「ミュンヘン街歩き」

2017.05.16

今日はドイツのミュンヘンから、オーストリアのザルツブルクまで移動したいと思います。

ホテルをチェックアウトします。
お部屋は、バストイレを挟んで2部屋あり、とても機能的で快適でした。
ありがとうございました!

お昼過ぎの電車を予定しているので、それまでミュンヘンを観光したいと思います。

ミュンヘンの街並み
しっくりくると言うか、、なんだか初めて来た感じがしないです。

カールス門をくぐると、市庁舎や広場がある中心部へ続くノイウハウザー通りです。
両側には、お土産物屋さんやデパートがあります。

玉ねぎ頭のフラウエン教会。

ミュンヘン新市庁舎

こちらの市庁舎にはドイツ最大の仕掛け時計があり、時間になると人形のダンスや演奏が見られるそうです。

ヴィクトアーリエンマルクトで、遅めの朝食を取りたいと思います。
お目当の白ソーセージのお店はどこかな??

ありました〜!白ソーセージ(ヴァイスブルスト)

Münchens kleinste Gaststätte      Viktualienmarkt 10, 80331 München, ドイツ

白ソーセージ(ヴァイスブルスト)はバイエルン地方の伝統的な料理です。

傷みやすいソーセージで、昔はお昼過ぎたら食べなかったそうです。今でもその伝統に習って、夕方は出さないお店もあるらしいです。

焼いたソーセージではなく、茹でたもので、食べ方はソーセージを縦に切り、中身をとって?(基本的に皮は食べないとの事)食べるそうで、上手に食べられるかちょっと心配でした。

実際食べてみると、とっても簡単!スルスルっと取れるので食べやすかったです。少し甘い粒マスタードをつけていただきます。あと付け合わせにプレッツェル(パン)が付いてきました。
そして肝心のお味は、とっても美味しかったです〜!ハーブの風味がして、ふわっとした食感でした。

ミュンヘンに行かれた際は、ぜひ一度お試しください!

ヴィクトアーリエンマルクトのシンボルタワー

お腹も一杯になったので、ヴィクトアーリエンマルクトを散策してみたいと思います。

野菜や、果物、お肉に、はちみつ、、様々なお店があって、地元の人が買い物をしています。

そしてドイツといえば「ビール!」(=ミガオのガソリン)昼間から青空の下、大勢の人が飲んでいました。

「平日の昼間からみんな飲んでるなんて、ドイツはいい国だよねぇ〜(byミガオ)」

そろそろ時間になってきたので、ミュンヘン中央駅に向かいたいと思います。

行きは徒歩だったので、帰りは地下鉄に乗りたいと思い、駅を探します。

切符を買って。

地下鉄に乗ります。

ホームで電車を待っている時、なにやら視線を感じます。あれ?あのおじさんさっきもいたな。。人の合間をぬって移動する度に、同じおじさんがこちらを見ているのです。でもスリのような悪意は感じないし、、よくよく視線の先を見たら、私達のウェアラブルカメラを見ていたのでした。発売されたばかりのソニー製のものだったので、興味津々だったようです。

そういえば、一眼レフも見るおじさんも多かったかも。。

他の国では感じなかったのですが、ドイツは物作りの国だけあって、機械に興味のある方が多いのかな?と思いました。

ミュンヘン中央駅に到着。

ミュンヘン中央駅に着きました。

大きな駅で、食事や買い物が出来るので楽しいです。電車の中で食べるものを買って、、

これからザルツブルクに向かいます。

よかったらフォローお願いします

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です