「プラハ」から音楽の都「ウィーン」へ

2017.05.21

今日はウィーンへ移動します。お昼過ぎの電車なので、12時までホテルでゆっくり過ごしました。

ホテルをチェックアウトします。立地も最高で、とても快適なホテルでした。
ありがとうございました!

最寄りのムーステクMustek駅まで歩きたいと思います。

歩いていたらトゥルデルニクのお店が、、
そういえば食べてない!!

あまり時間はないけど、とにかく購入!
中にアイスが入っているものが流行りのようですが、初めてなので、とりあえずトラディショナルスタイルを選んでみました。

???!!

美味しい〜!

外がカリッとしていて、中はもっちりふっわふっわ!
買う時には、まぁ、とりあえず食べてみるか。みたいな感じだったミガオが、えらい勢いで食べてます。
もっと買ってくれば良かった〜。そして連日食べておけば良かった〜。とダブルで後悔!

そうこうしているうちに駅に着きました。

自動販売機でチケットを買って、打刻します。
この打刻を忘れてしまうと、罰金を取られることになりますので、お気をつけくださいね。

ムーステク駅から、プラハ本駅に到着。
ウィーン行きのホームを探します。

プラハ本駅はアールヌーボーの美しい駅舎で…と聞いていたので、そちらに行ったのですが、人も少ないし、ホームもなにやら工事中…。

あれ?ここじゃなさそう?

駅員らしい人に聞いてみたものの、英語で話しかけたせいか、教えてもらえず…。
さっぱり分からん…
だんだん時間もなくなって来て、焦りが出て来ました。

人が大勢居る所に戻って、とりあえず人の流れに乗ってみようと思い、歩いて行ったら、乗車ホームの番号がありました!

ホームが見つかりました!

プラハ本駅 → ウィーン中央駅 €39.9
出発5分前ぐらいだったので、ヒヤヒヤしていたのですが、無事に乗ることが出来ました。
が、しかし、、全く席が空いていません!

そうこうしているうちに、電車はプラハを発車。

空いて居る席に座ってみるも、予約の方が来てまた移動。。

そういえば、今日は日曜日の午後。

昔日曜日に、イギリスのロンドンから郊外に行って、夕方にロンドンに帰る電車に乗り、席がなく、結果、立ち乗りで数時間過ごした。と言う、全く同じ事をしでかしてます…。

その時に、

「ヨーロッパの日曜に、都心に戻る時は、席は必ず予約した方がいいね。」

と学んだはずなのに、

またやらかしました〜

そしてこの電車に関しては、立ち乗りする所も、びっしり人がいます。(まるで日本の混雑している電車のよう。)
この状態で、ウィーンまでの乗車時間は4時間。立ち乗りはきびしーい!

ーだ!食堂車!食堂車に行こう!

人の合間をぬって移動します。ですが、食堂車も満席。
でもどうせ行く所もないし、お昼も食べてないし、食堂車で待つ事にしました。

4人がけに2人で座っている方に声をかけてみると、「空いてるから座りなよ」と言ってもらい、食事を食べる事が出来ました。
少ししたら他の席も空いたので、そちらに移動し、散々飲み食いして、デザートまでいただいたりしてみました。

結果、食堂車はサイコーでした!

そうこうしているうちに、

ウィーン到着です!

ホテルのある、シュテファンプラッツ駅に行きたいと思います。
と、その前にトイレに行っておこう。(チェコに引き続きのトイレネタですみません。)

0.5€を支払い中へ。

そして水を流した所、

お???

ウィ〜ンと、おもむろに便座が回転し始めました。
洗浄しているようです!

斬新!

数秒して今度は、

バッシャ〜〜!!!

便座の後ろの下の方から、水がこちらに向かって流れて来た〜!!

このトイレ、大きいスーツケースと一緒に入ったら危険!ビーサンとかもアウト!!
みなさん足元に気をつけて下さい!(チェコからの電車が到着するホームを、降りてすぐの場所です)

ウィーンのトイレは斬新です(笑)

気を取り直して、
シュテファンプラッツに行く地下鉄を探したいと思います。

マンナー(有名なチョコレート菓子のお店です。)

ウィーン中央駅 → シュテファンプラッツ
チケット購入 €2.4

シュテファンプラッツ駅に着きました。
地上に上がると、

シュテファン寺院が目の前に

ホテルにチェックインします。

よかったらフォローお願いします

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です