「ヴェネチアおすすめ10選」身軽旅行者

イタリアのヴェネチアにはたくさんの見所があります。初めて行かれる方や2回めに行くならここ!と行った場所を厳選してみました。


(1) リアルト橋 - Rialto –
2) サンマルコ広場と鐘楼 – San Marco
(3) サンマルコ寺院 – Basilica San Marco –
(4) ドゥカーレ宮 – Palazzo Ducale –
(5) 溜息の橋 – Ponte dei Sospiri –
(6) ヴァポレット(水上バス)- Vaporetto –
(7) 魚市場・青果市場 – Mercato di Rialto –
(8) トラゲット(渡し船)- Traghetto –
(9) 島巡り

(10)街歩き 


(1)リアルト橋 – Rialto –

ヴェネチア本島には、中心にカナルグランデ(大運河)が通っていて、水上バスや水上タクシーが往来する、主要の道となっています。

その道にかかっている橋で、最も有名なのが「リアルト橋」です。

この橋は、1557年に設計の公募が行われ、ミケランジェロも応募した中、採用されたのはアントニオ・ダ・ポンテの案でした。4年後に今の石造りの美しい橋が完成し、今に受け継がれています。ミケランジェロの時代に造られた橋が、今も現役で活用されているなんて…すごいですよね。


(2)サンマルコ広場と鐘楼 – San Marco –

ドゥカーレ宮殿や、サンマルコ広場に囲まれたヴェネチアの中心の広場です。鐘楼は高さ98.6mあり、街のシンボルとなっています。1902年に崩壊した為、現在の鐘楼は1912年に再建されたものになります。


(3)サンマルコ寺院 – Basilica San Marco –

ビザンティン様式のこの寺院の内部は、ドーム状の天井まで、金箔のモザイクが埋め尽くされていて、厳かな光がとても美しいです。沢山の宝石が散りばめられたパラドーロや、宝物庫には、オスマン帝国との戦利品の馬のブロンズ像(バルコニーのものはレプリカ)は必見です。

また2階のバルコニーから見下ろすサンマルコ広場は、下から見るのとはまた違う美しさがあります。

サンマルコ寺院はいつも混んでいるので、予定が決まっているのであれば、事前に予約する事をオススメします。

また、バックパックなどの、大きな荷物を持ち込む事が出来ません。大きな荷物を持って行くと、別の建物の荷物預け場所に預けないといけないので、時間にはくれぐれもお気をつけ下さいね。

寺院    無料(予約料 € 3)

宝物庫   € 3

パラドーロ € 2

2階     € 5


(4)ドゥカーレ宮 – Palazzo Ducale –

歴代のヴェネチア総督(ドージェ)が住んでいた公邸兼政庁です。内部を見学する事ができ、溜息の橋の中から、外を見る事も出来ます。

入場料 € 20


(5)溜息の橋 – Ponte dei Sospiri –

海側から見て左の建物が尋問室、右の建物が監獄だったそうで、囚人が左の建物から右の建物に移動する際に、ため息をついたのでこの名前になったそうです。


(6)ヴァポレット(水上バス)-Vaporetto

ヴァポレットとは、ヴェネチアでは欠かせない水上バスの事です。移動するのに便利ですし、水上からの眺めは絶景です!1回券や24時間券など、予定に合わせて購入することをオススメします。

1回券 € 7.5( 75分有効 )

24時間券 € 20


(7)魚市場・青果市場 – Mercato di Rialto

毎朝新鮮な魚や、青果の市がたち、地元の方で賑わっています。

日本では見かけない魚や、どのように調理するのか分からない食材まで、珍しいものもあるので、見てるだけで楽しめます。


(8)トラゲット(渡し船)- Traghetto

ゴンドラに乗るのは高いし…と思っている方にオススメなのはトラゲットです。

カナルグランデには、橋が4本かかっているだけなので、このトラゲットは対岸に行く為の渡し船として、地元の方の重要な足になっています。ただしこの舟、基本的には立ち乗りになります!( 座る方もいるようですが)

少しだけゴンドラ気分を味わえるので、自信のある方はチャレンジしてみてはいかがですか?

料金 € 3


(9)島巡り

ヴェネチアは大小合わせると、120もの島で形成されています。

ムラーノ島はヴェネチアングラスの島、ブラーノ島はレースの島など、それぞれに特徴があります。

その中でもサン・ジョルジョ・マッジョーレ島は、サンマルコ広場の対岸にあるので、あまり時間のない方でも見学しやすいです。ここにあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会にはヴェネチア派の3大巨匠の一人「ティントレットの祭壇画」があるのでこちらも必見です。


10)街歩き

最後のオススメは街歩きです!街歩きって…と思うかもしれませんが、道に車が走っていないだけで、非日常的な風景になります。音も少ないですし。。

名もない小道でも絵になるので、写真映えする事間違いなしです!お時間のある方は、巨大迷路のような「ぐるぐるヴェネチア」を、歩いてみてはいかがですか?

「 ぐるぐるヴェネチア 」の記事はこちらから

注意点
イタリアの中では、比較的治安がいいと言われているヴェネチアですが、食事をして法外な金額を請求された話も聞きますので、お気をつけ下さい。

また、人が集まる所では、特に貴重品にはお気をつけ下さい。

「 まとめ 」
たくさん見所があるヴェネチア。短時間で全て見学する事は難しいかもしれませんが、サンマルコ広場周辺は見所が集中しているので、見学しやすいです。
お気をつけて楽しい旅を!

よかったらフォローお願いします

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です