「ザルツブルクおすすめ8選」身軽旅行者

オーストリア中北部の都市ザルツブルクは、古くはローマ時代から周辺の山で取れる岩塩で莫大な富を得た街でもあり、モーツァルトや指揮者カラヤンの故郷です。ホーエンザルツブルク城を中心に、ザルツァッハ川が流れ、夏にはザルツブルク音楽祭も開催される、音楽と共にある美しい街です。


( 1 )ホーエンザルツブルク城
( 2 )ミラベル庭園
( 3 )ザルツブルク大聖堂
4 )モーツァルトの生家、モーツァルトの家
( 5 )モーツァルトの像
( 6 )カラヤンの家
(7)カフェ・コンディトライ・フュルスト
(8)きよしこの夜礼拝堂(聖ニコラウス教会)


(1)ホーエンザルツブルク城

約700年かけて今の姿になったこのお城は、ザルツブルクのシンボルです。丘の上までケーブルカーで上り、城内を見学する事が出来ます。城からはザルツブルクの街が一望できるのでおすすめです。

€ 15.2(ケーブルカー往復込み)
9 : 30 – 17 : 00(時期によって異なります)


(2)ミラベル宮殿と庭園

色とりどりの花が咲き誇る、幾何学模様の美しい庭園があるミラベル宮殿は、サウンドオブミュージックのロケ地としても知られています。ここからのホーエンザルツブルク城の眺めはとても美しく、写真撮影に最適です。


3)ザルツブルク大聖堂

バロック様式の大聖堂です。内部にあるパイプオルガンはヨーロッパ最大のもので、 モーツァルトは一時期、この大聖堂のオルガン奏者を務めていました。

モーツァルトが洗礼を受け、カラヤンの葬儀が執り行われた場所でもあります。

€ 寄付
8 : 00 – 19 : 00(時期によって異なります)休 : 土曜日


(4)モーツァルトの生家・モーツァルトの家

1756年に、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、この家で生まれました。
中は博物館になっていて、モーツァルトが使用していたピアノや直筆の楽譜なども展示されています。

€ 10(モーツァルトの家とのコンビチケット€17)
9 : 00 – 17 : 00(時期によって異なります)

モーツァルト一家が数年住んでいた家です。中は博物館になっていて、当時の部屋の様子が再現されています。
9 : 00 – 17 : 00(時期によって異なります)


5)モーツァルトの像

作曲家モーツァルトのブロンズ像です。ザルツブルクにモーツァルトありき!なので、観光のはじめに見ておくのもいいですね。


6)カラヤンの家

敷地内は公開していないのですが、カラヤンの像があるので、偉大な指揮者と写真撮影をする事ができます。


7)カフェ・コンディトライ・フュルスト

オーストリア土産のおすすめに必ず出てくるのが「モーツァルトクーゲル」。

マジパンをチョコレートでコーティングしたお菓子で、ここが発祥のお店です。他のチョコレート菓子も美味しかったので、色々試してみてはいかがですか?


8)きよしこの夜礼拝堂(聖ニコラウス教会)

ザルツブルクから電車で30分ほどの、ドイツ国境近くOberndorf bei Salzburgオーベルンドルフ・バイ・ザルツブルクにあるこの教会は、クリスマスに歌われる「きよしこの夜」が生まれた場所です。小さいながらも厳かでとても美しい礼拝堂です。


毎年夏には「ザルツブルク音楽祭」が開かれ、多くの人でいっそう華やいだ雰囲気になります。

音楽以外にも沢山の見所があり、郊外まで足を伸ばせば大自然があり、、とても素敵な街です。ウィーンから電車で2時間半ほどなので、オーストリア旅行の際はぜひ行かれてみてはいかがですか?

よかったらフォローお願いします

最新の情報をお伝えします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です